DEUTSCHLAND2006 Tシャツ(黒)  D06-03【サッカーグッズショップ FOOTBALL★FAN】 DEUTSCHLAND2006 Tシャツ(白)  D06-02【サッカーグッズショップ FOOTBALL★FAN】
サッカー日本代表を心から愛するブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナビスコ杯決勝はガンバvs千葉
 ナビスコ杯準決勝、まずは日産スタジアムで行われたガンバ対横浜の試合ですが、この試合は横浜の作戦通りに試合が進み、リーグ戦で50発を量産する大黒選手、アラウージョ選手、フェルナンジーニョ選手のトリオも2、3人掛かりの守備に封じられ身動きが取れない状態。前半30分にはCKからMF那須選手にヘッドで決められ1-0。そしてそのまま試合は硬直状態となり終了。第1戦を1-0で制したガンバですが、2戦合計1-1と同点になり振り出しに戻されたこのは試合延長戦に突入。延長戦、前後半が行われ合計120分戦いましたが両者一歩も引かずPK戦での決着となりました。まずPK戦、先行のガンバ一人目は遠藤選手でしたがきっちり決めて次は横浜。横浜一人目はこの試合数々のピンチを好セーブでしのいだGK藤ケ谷選手の僚友、山瀬功選手。この対決は右に蹴ってくると決めていた藤ケ谷選手に軍配が上がり見事セーブ。このセーブが2番目の大橋にプレッシャーを与え、ボールはバーの上。そして3-1となり最後はこの人、大黒選手が左隅に決め、ガンバがカップ戦9度目の準決勝でクラブ史上初の決勝進出。13年目の初タイトルに王手をかけました。もう一試合、市原臨海競技場で行われた千葉対浦和の戦いは、1回戦3-1の結果に終わりなんとしても2点以上が必要となる浦和ですが、前半19分に 闘莉王選手がゴールを決めると27分にも田中達也選手がゴールを決め最低ラインの2点はクリア、しかし後半、阿部選手にあっさり2点を決められ試合終了。この試合2-2で引き分けに終わりましたが、2戦合計5-3となり、“Jのお荷物”と呼ばれていた千葉が、J創設以来の初タイトルに王手をかけました。決勝は一発勝負で11月5日、国立競技場でともに初のタイトルをかけて戦うこととなります。

画像

画像をクリックすると、ワールドカップドイツ大会のTシャツが買えます。

画像

画像をクリックすると、ワールドカップドイツ大会のTシャツが買えます。

 
サッカーグッズ専門店

キャンペーンに応募すると現金5000円が当たる!



スポンサーサイト
サッカー日本代表の東欧合宿がスタート
  サッカー日本代表は5日、ラトビア・リガで東欧合宿がスタート。今回不在のDF宮本恒靖選手(G大阪)に代わり、“主将”の役目を担ったのはもちろんMF中田英寿選手(ボルトン)。初日午前の練習はフィジカルを中心としたランニング、ダッシュなどから始まり、夕方に行われたこの日2度目の練習では、変則の9対9のミニゲームなどで調整した。すべてのメニューで先頭に立った中田選手は欧州組9人が集結したチームをけん引、一番前で全力で走り、全力で飛び、後続もそれについて全力で動き回った。来年のドイツW杯の試金石となるアウエー2試合の中心に立つ中田選手ですが8日のラトビア戦でキャプテンマークを付ければ、代表主将は04年3月31日のW杯1次予選・シンガポール戦以来556日ぶりになり、中田選手自身も先日行われたホンジュラス戦のようなミスが絶対許されない立場となってわけで、ラトビア戦はW杯本番のような気持ちで課題があまり残らない完成度の高い試合に期待しています。

W杯ベースキャンプ地が、旧西ドイツの首都ボンに決まったようです。

画像

画像をクリックすると、ワールドカップドイツ大会のTシャツが買えます。
 
サッカーグッズ専門店

キャンペーンに応募すると現金5000円が当たる!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。