DEUTSCHLAND2006 Tシャツ(黒)  D06-03【サッカーグッズショップ FOOTBALL★FAN】 DEUTSCHLAND2006 Tシャツ(白)  D06-02【サッカーグッズショップ FOOTBALL★FAN】
サッカー日本代表を心から愛するブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田中達也選手長期離脱
 昨日Jリーグ第27節は7試合が行われました。

 首位を走るガンバは神戸と戦い、前半40分にアラウージョ選手のゴールで先制すると、後半はガンバのゴールラッシュで3点を追加。この試合意地を見せたい神戸は1点を返すのが精一杯でガンバが圧勝。この日2ゴールを挙げたアラウージョ選手は30得点の大台に乗せました。
この試合勝ったガンバはまた一歩優勝に前進、負けた神戸は最下位脱出に近づくことはできませんでした。

 前節の試合で三位に浮上したセレッソは十六位の大宮と戦い、後半15分に久藤が倒されて得たPKをファビーニョ選手がけり、GKにはじかれたもののファビーニョが押し込んで先制。この1点を守りきったセレッソはチーム記録を更新する6連勝。大宮はカウンターから好機をつくり、セレッソを上回る15本のシュートを放ちましたが詰めが甘く6連敗、両チーム順位に変動なくセレッソはじりじりと首位を狙って順調に連勝を重ね、大宮は未だ降格に危機に立たされている状態でこの試合を終えました。

 前節セレッソに負け現在六位と大きく順位を落とした浦和は柏との対戦、後半12分までに4-0と大勝ムードに沸く駒場スタジアムで思わぬアクシデントが起こりました。左タッチライン際でドリブルするFW田中選手に、柏DF土屋選手の激しいタックルが背後から襲いかかった。このタックルで田中選手の足は180度逆の方向に曲がり右足ひ骨骨折の重傷を負い、この試合1得点2アシストを決めていた田中選手は今季中の復帰が絶望的となりました。結果的に7-0と大勝した浦和ですが後味の悪い結果となりました。

 七位の川崎は九位の名古屋と戦い、試合開始早々からマルクス選手がヘディングシュートで先制すると、後半はジュニーニョ選手がハットトリックを決めるなど怒涛の活躍で得点を重ねた川崎は4-1で快勝し5連勝。名古屋は単調な攻撃で、1点を返すのがやっとでした。この試合勝った川崎は5位まで順位を伸ばし、負けた名古屋は9位のまま順位を伸ばすことができませんでした。

 広島とF東京の戦いは、東欧遠征2試合にフル出場したDF茂庭選手とラトビア戦に出場したGK土肥選手がこの試合もフル出場。前半0-0で折り返し後半2点ずつ得点した両チームが2-2の引き分けでこの試合を終えた。

 東京Ⅴと新潟の試合は、前半3分東京ⅤがワシントンのPKで先制。新潟も44分にエジミウソンからアンデルソンリマにつないで同点とし1-1の引き分けに終わった。新潟は5試合ぶりの勝ち点で13位に負けた東京ヴは3試合連続の引き分けでいぜん降格圏内の17位で終えました。

 最後に14位大分と勝ち点1差で争う15位清水との試合は、前半30分に清水の2試合連続となるオウンゴールで大分が先制すると、後半は怒涛のゴールラッシュで4点を挙げた大分が5-0と大勝しました。なんと大分はシャムスカ監督が就任して以来、4勝1分けでチーム史上初となる5戦負けなし。就任当初は降格圏内の17位だった順位も12位に急上昇して、危険地帯から大きく抜け出しました。清水は大宮、東京Vが勝ち点を伸ばす事ができなかったため順位が変わらず15位にとどまった。
 
 今日は2試合が行われ首位を狙う鹿島と磐田が激突、もう一試合は千葉と横浜が戦いこの試合で勝ったチームが首位ガンバに喰らいつくため、絶対負けられない大事な試合。この試合は注目です。

 今回の試合で負傷した田中選手は詳しい診断はまだ出ていないようですができるだけ早い復活と早期回復を祈りたいと思います。
画像

画像をクリックすると、ワールドカップドイツ大会のTシャツが買えます。
 
サッカーグッズ専門店←クリック

イーバンク銀行ではtotoが買えます←クリック

totoの結果←クリック
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。