DEUTSCHLAND2006 Tシャツ(黒)  D06-03【サッカーグッズショップ FOOTBALL★FAN】 DEUTSCHLAND2006 Tシャツ(白)  D06-02【サッカーグッズショップ FOOTBALL★FAN】
サッカー日本代表を心から愛するブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中沢選手、ボンバーヘッドで勝ち越しゴール
昨日Jリーグ第29節は7試合が行われました。

 まず4位浦和と5位川崎の試合はまず浦和が前半8分と34分に三都主選手が2得点を挙げる活躍で最高の滑り出しとなりました。しかし、その3分後の37分に負けじと川崎もジュニーニョ選手のゴールで1点を返すと、前半44分にはマルクス選手の同点ゴールで前半は終了。互角の戦いを続ける両者でしたが、この試合の勝負を決めたのは浦和。後半31分、右からポンテ選手が上げた浮き球を、DFラインから攻撃参加していた闘莉王選手が頭で合わせて決勝点。この後、都倉選手がラフプレーで一発退場となり万事休す。カードが両チーム合わせて10枚出るという荒れた試合で冷静さを欠いた川崎は連勝ストップ。この試合審判の怪しい判定にも助けられた浦和が勝利を収めました。

 現在好調の千葉はシャムスカ監督就任後負けなしの大分と対戦。前半から互いのチャンスを得点に結び付けられないまま後半へと試合が進み試合が動いたのは後半36分のこと、千葉のセットプレーから阿部選手が左コーナーに走りこんだストヤノフ選手にパスを出し、その折り返しを佐藤選手が頭で決め貴重な決勝点を挙げました。大分は好機を生かせぬままシャムスカ監督就任後7戦目で初黒星となりました。

 磐田と広島の戦いは広島が好機を確実に生かし、前半37分に大木選手のゴールで先制すると、1点リードの後半9分、スルーパスに反応したガウボン選手が追加点、その4分後にも佐藤寿選手のゴールで3点目とした広島。磐田も攻め立てますが、広島の堅い守りに阻まれなかなかゴールが割れません。終盤に途中出場の中山選手が1点を返し反撃に出ますが及ばず3-1で広島が勝利しました。

 ドラゴン久保選手が復活した横浜FMとなんとしても勝って降格争いから抜け出したい東京Vの試合は横浜久保選手が何度か惜しいシュートを放ちますが守備を固めた東京Vにゴールを割らせてもらえません。対する東京も後半12分、バーにはね返ったこぼれ球を、フリーの山田選手が決められず惜しいチャンスを逃します。試合が動いたのは後半37分、ドゥトラ選手の右FKを中沢選手が頭で背後に流し込んで決勝ゴール。このまま横浜が1-0で6試合ぶりに勝利しました。 

 清水と名古屋の戦いは清水が前半8分に右クロスを青山選手が頭で合わせて先制、続く前半36分にもマルキーニョス選手がミドルシュートを決めて追加点とし、リードを広げます。後半名古屋も攻めに転じ、21分には右CKから角田選手が1点を返しますがこのまま試合が終了し名古屋はこれで3連敗。勝った清水は5試合ぶりに勝利しました。

 連敗中で波に乗れない大宮とこちらも連敗中の柏の試合は、まず前半9分土屋選手のゴールで柏が先制。対する大宮も前半17分にトゥット選手のゴールで追いつくと23分には藤本選手のループシュートが決まり逆転。その後柏は攻撃陣が機能せず大宮に追いつくことが出来ないまま、結果2-1で大宮に軍配が上がり、柏はこれで3連敗となりました。

 最後に最下位の神戸と負ければ降格圏内突入の新潟の試合、前半は両者一歩も引かず勝負は後半へ、後半に突入すると9分に神戸にピンチが訪れます。この日2枚目のイエローカードが遠藤選手に出され神戸は10人での戦いを強いられます。数的優位に立った新潟は後半27分、エジミウソン選手のスルーパスをファビーニョ選手が決めてようやく先制。神戸は負けてしまえばほんとに後がない場面で意地を見せ、後半ロスタイム、相手DFのクリアを栗原選手が拾いシュート、なんとそれがゴールに突き刺さり土壇場で同点としました。結果、神戸の連敗は3でストップとなりました。

 今日Jリーグは2試合が行われ上位3チームの熾烈な戦いとなるわけですが、ガンバ、鹿島ともにけが人続出の中、今日の試合でもしかすると首位が入れ替わる可能性もあるわけで激しい死闘が予想されますが、F東京も引き分けを挟みながら6試合負け無しと好調を続けているので、ガンバも油断してかかると足元をすくわれかねない戦いとなり緊迫した試合になること間違い無しです。2試合ともにキックオフは15:00からです。
 
画像

画像をクリックすると、ワールドカップドイツ大会のTシャツが買えます。
 
サッカーグッズ専門店←クリック

イーバンク銀行ではtotoが買えます←クリック

totoの結果←クリック

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。