DEUTSCHLAND2006 Tシャツ(黒)  D06-03【サッカーグッズショップ FOOTBALL★FAN】 DEUTSCHLAND2006 Tシャツ(白)  D06-02【サッカーグッズショップ FOOTBALL★FAN】
サッカー日本代表を心から愛するブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンバついに単独首位消滅
 昨日、Jリーグ第32節は全9試合が行われました。

 まず首位ガンバと大宮の試合は、大宮が主導権を握り終始押し気味に試合を進めます。対するガンバはパスがつながらず、好機をつくれないまま終盤を向かえ、0-0で迎えた後半42分。大宮はガンバのミスから藤本選手が左サイドを突破し、フリーの久永選手の頭に合わせたボールはゴールネットを揺らし決勝ゴール。ガンバがまさかの2連敗で首位の座が極めて危ない状況になりました。

 続いて、首位目前のセレッソは大分との対戦となりましたが、ここ13試合負け無しのセレッソは早速、前半から好調ぶりを発揮します。前半19分、ゴール前で見事なパス回しから最後はファビーニョ選手のシュートで先制ゴールを挙げます。負けじと大分も反撃しますが、セレッソの堅守に苦しみなかなかゴールを割れません。しかし、後半35分に右サイドからのクロスを途中出場の山崎選手が頭で合わせて同点とし、結局試合は同点のまま1-1で引き分けに終わりました。

 三位鹿島は、ドラゴン久保選手率いる横浜FMと対戦しました。この試合、鹿島は負傷中の小笠原選手と出場停止の大岩選手を欠き苦しい布陣で迎えます。前半は0-0でしのいだ鹿島ですが、後半は横浜ムードで試合が進み後半3分、右サイドから奥選手が上げた速いクロスにマグロン選手が押し込み先制。後半41分には、鹿島のクリアミスを途中出場の大島選手がきっちり決めて勝ち越しゴール。このまま試合は2-0のまま横浜が勝利しました。注目の久保選手はこの試合で左太ももを痛めて後半19分に途中交代しました。

 浦和と千葉の試合は、0-0のまま後半ロスタイムを迎え、同点のまま試合は終わるかに思われましたが、左からのコーナーキックに山岸選手が中央にドリブルで切れ込み、水野選手がミドルシュートを放ちます。このシュートがディフェンスに当たり、角度が変わったボールはゴールに吸い込まれ、千葉が最後に貴重なチャンスをものにし勝利しました。

 降格争いに崖っぷちの東京Vは名古屋との戦い。まず東京Vは前半から慎重なパス回しで相手の様子を伺います。この試合押され気味の名古屋は堅い守りで東京Vの攻撃を完全にシャットアウト。両チームこのまま決着がつかず0-0のまま試合を終えました。

 そのほかの試合結果

川崎フロンターレ   0-2   ジュビロ磐田

サンフレッチェ広島  0-0   柏レイソル

アルビレックス新潟  0-1  FC東京

清水エスパルス    1-0  ヴィッセル神戸

Jリーグも残すところあと2試合となりましたが、あと2試合で優勝の可能性があるのは5位の千葉までとなりました。首位ガンバはとうとう勝ち点でセレッソと並び単独首位を守ってきましたが、そろそろ限界なのでしょうか。降格争いも東京Vが崖っぷちの状態に立たされていますが、次の試合ですべて決まってしまうのかそれとも最終節までもつれ込むのかいよいよ終盤。今年の頂点に立つのはどのチームなのでしょうか次の試合も絶対に目が離せません。
 
画像

画像をクリックすると、ワールドカップドイツ大会のTシャツが買えます。
 
サッカーグッズ専門店←クリック

イーバンク銀行ではtotoが買えます←クリック

totoの結果←クリック 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。